LINEで送る
Pocket
Share on LinkedIn

ご購入までの流れ

ここでは、一般的なご購入までの流れをご紹介いたします。
大切な不動産(資産)をご購入いただく上で、ご購入の流れをきちんと理解していただくことが大切です。ご不明点やご質問など、ささいなことでもご相談いただけますので何なりとお問い合わせください。

Step01 Step02 Step03 Step04 Step05 Step06 Step07 Step08 Step09
ご購入計画
のご相談
物件の
ご提案
購入の
お申し込み
重要事項
説明
売買契約
締結
手付金の
お支払い
住宅ローン
申込手続
残金決済
(融資決定)と
移転登記
物件と鍵の
お引き渡し

Step01

ご購入計画
のご相談

まず、お客様のご希望の条件や想いをお聞かせください。

  • お電話でのお問い合わせはこちら 0120-373-968
  • 見学会・各種お見積りはこちら お問い合わせ

不動産のご検討に際し、ご予算や立地、ご家族の構成や間取りなどなど、弊社からのご提案の資料とさせていただきます。些細なことでもお話し、ご相談ください。

Step02

物件のご提案

お聞かせいただいたご要望を基にご希望に沿ったプランをご提案させていただきます。
気になる物件は、積極的にご質問・ご見学ください。
ご検討いただく物件においては内容はもちろん、周辺の環境や交通機関なども何なりとご質問ください。どんな小さなことでもご遠慮なさることなくスタッフへ質問ください。

Step03

購入の
お申し込み

購入のお申し込み

具体的なご購入希望物件が見つかりましたら、まずは「不動産購入申込書」をご記入いただきます。
(購入に際して金融機関からの融資<住宅ローン>を必要とする場合は、別途住宅ローンの仮審査申し込み手続きが必要です。)

Step04

重要事項
説明

重要事項説明書という書類を基に重要事項の説明を行います。重要事項説明は、国家試験の免許取得者である「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引主任者証」を提示し、重要事項説明書に基づいて説明いたします。物件についての理解を深めて頂いた上で売買契約となります。

Step05

売買契約
締結

重要事項説明で物件に関する内容をご理解いただいた上で、売買契約の締結を行います。
売買契約書では、物件の所在・土地の面積・建物の床面積・売買価格・代金の支払い方法やその他権利・義務・約束事項が記載された大切な事項ですので書面での締結を行います。
説明を受けしっかりと内容をご確認頂いて、契約締結ください。
また、ご不明点や不審点、ご質問などがある場合は、必ずスタッフにご質問ください。

Step06

手付金の
お支払い

売買契約をご締結いただいた後、手付金のお支払いを頂きます。
手付金は、売買代金の一部に充当されます。
手付金の授受が終了し、領収書の発行にて、売買契約締結の手続きが完了します。

Step07

住宅ローン
申込手続

売買契約が成立し、金融機関からの融資<住宅ローン>を必要とする場合は、金融機関へ住宅ローンの申し込みを行います。
金融機関所定の申込書に必要事項をご記入いただき、売買契約書や住民票などの必要書類を添付の上、申し込みいたします。
お申し込み方法や手続きのお手伝いなど、弊社にて細かくサポートします。
様々な手続きや書類が必要な場合がございますので事前にスタッフにご相談ください。

Step08

残金決済
(融資決定)
移転登記

残金のお支払いを行います。
住宅ローンをご利用の場合は、金融機関より融資決定の連絡があり、ローンが下りた時点で残代金のお支払いとなります。自己資金と融資実行金で残代金を支払います。
その後、司法書士に登記を依頼し、所有権移転の手続きを行います。

Step09

物件と鍵の
お引き渡し

移転登記が済むと、いよいよ物件のお引渡し(鍵のお引渡し)を行います。お引越しの手続きなども必要がございましたらお申し付けください。さまざまな行程がございますが、最後まで責任を持って弊社スタッフがお手伝いいたします。

以上が一般的なご購入までの流れとなります。
これにて不動産取引が完了し、当社の業務が終了となりましても、ここで終わりとするのではなくここからが当社とお客様との長いお付き合いの始まりだと考えております。
入居後においてもご遠慮なく、些細なことでも構いませんのでなんなりとご相談くださいますようお願い申し上げます。お客様が安心できる住まい、よりよい暮らしのサポートを行ってまいります。

不動産予備知識

「徒歩○分」というのは、どういった基準ですか?
道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出した時間です。
歩く道や信号などの時間の関係で実際の時間とは異なることがあるため、時間は目安とお考えください。
家族構成によって変わるお家選び
マンションであれ一戸建て住宅であれ、居住環境はマイホーム選びの重要なポイントです。
住環境で何を最優先するかは、基本的には家族構成と生活儀式で決まってきます。
つまり小さなお子様のいるファミリーなら、自然環境に恵まれていて交通アクセスが良い住宅地というのが基本です。
しかし、勤務時間が不規則だったり大人だけの家族なら、多少住環境に難があっても都心を選ぶほうがいいかもしれません。
住環境について考えて見ましょう
マンションを例にすると、最寄の駅まで歩いて15分以内、品揃えが充実した大型スーパーや商店街が身近な距離にある、小学校や中学校が歩いて10分以内、通勤や通学の交通アクセスが便利、車をメインにご利用する家族であれば、主要道路などが近くにあ る、金融機関や公共施設まで歩いて15分以内、公園やレジャー施設まで歩いて10分以内、日当たりが良好、眺望が開けている、周辺に緑が多い、などの項目のうち少なくとも半数以上該当していれば申し分がありません。
一戸建て住宅の場合は、もう少し条件を緩めてもよいでしょう。
教育施設は家族会議の一番のテーマです
低学年の子供がいる家庭にとっては、通学校までのルートが安全だというのも大切な条件です。もちろん最寄の小学校や中学校は教職員の評判がよく、有名校への進学率が高ければ、なおよいでしょう。
希望校への交通アクセスに難がある と、将来、せっかく合格しても自宅から通学できない可能性があるからです。
学習塾、進学塾が充実していることもチェックしておくのもいいでしょう。
資金計画は、慎重にプランニング
資金計画は、慎重にプランニング。
住宅ローンは、大きく分けて公的融資と民間ローンの2種類に分けられます。
しかし政府の構造改革により、2005年度末を目安にした金融公庫の廃止と、融資額の縮小が決定されました。例えば2003年度分の特別加算額は800万円から400万円に減額。
年収800万円以上の人は従来、所要額の80%が融資限度額でしたが、50%に減少しました。自己資金がたまっていなければ、それが準備できるまでにマイホームは持てないのでしょうか?
自己資金があればそれにこしたことはありませんが答えは、決して「No」ではありません。
現在は住宅ローン金利が低水準を維持しています。
しかし、長期的にこうした水準が続く保証はどこにもありません。
日本経済が回復すれば当然、金利は上昇します。
新築にするかそれとも中古にするか?

昨今、中古住宅に対する偏見がきわめて少なくなっています。
新築か中古か迷っている人のために、中古住宅の利点をチェック!

◆ 新築に比べて割安

立地条件や規模が同じなら、新築よりかなり安く買える。売主の事情で売り急いでいるときは、言い値より安く値切ることも可能。

◆ 立地条件がよい

新築は郊外立地が多いが、中古は都心など市街地で探せる。また、既成住宅地だから生活利便施設も整備されている。

◆ すぐ住める

新築の青田売りと違ってすぐ入居できる。建築に伴うわずらわしさもない。

◆ 土地代で買える

市街地で更地を探してもなかなか見つからないが、土地を買うつもりで一戸建て中古を購入する方法もある。建物が築15年以上経過していると、ほとんど土地代だけで買えることもある。

マンションにするかそれとも一戸建て?
マンションにするかそれとも一戸建て?
マンションの長所は、一戸だあたりの土地面積が少なくてすむ分、割安感があります。
鉄筋コンクリートや鉄骨造なので、耐久性にも優れています。
交通アクセスのよい、住環境に恵まれたエリアでの供給が増えてきたのも、最近の特徴です。
一方、短所としては自分だけの庭がない住戸が多く、増築ができないことも戸建てにはないデメリットといえます。 上階や隣戸の音が気になるというのもあります。
一戸建ての長所と短所は、おおざっぱにいえばそれぞれ逆と考えてよいでしょうが、いずれにせよ生活スタイルなどを十分に考えて、やはり最後は自分で決めるのが一番大切だと思います。

住宅ローンシミュレーション

◆ 毎月とボーナス月のご返済額の試算

必要情報を入力したあと、計算ボタンをクリックして下さい。

※ 下段に試算の結果が表示されます。

借入額  万円

半角数字 (例)1千万円なら「1000」と入力

返済期間  年

半角数字 (例)20年なら「20」と入力

借入金利  %[ 金利参考サイトは iFinance ]

半角数字 (例)年利2.375%なら、「2.375」と入力

ボーナス返済割合

お借り入れ額の半分がボーナス返済なら、50%を選ぶ

下段に試算の結果が表示されます。

毎月の返済額  万  円
ボーナス月返済額  万  円
年間返済額合計  万  円
  • 実際のご返済額とは、諸条件によって異なりますので、あくまで目安としてご利用ください。
  • お借り入れ金利は、ご返済期間をとおして変わらないものとし、ご返済額を、元利均等方式(元金と利息を合計した、毎月の返済額が同じになる)で計算しました。
  • ボーナス返済については、お借り入れ日とボーナス月の間隔によって、計算の結果が少し異なります。

サービス

お知らせ

2018.12.06up!!
ブログを更新しました。「サンタver.」
2018.11.19up!!
最新チラシを更新しました。
2018.11.19up!!
施工実績を更新しました。

最新情報一覧 蔵前住宅の最新情報をお届けします。

ブログ

2018.12.06up!!
サンタver.
2018.10.20up!!
選んでる時が楽しい
2018.09.28up!!
こんにちは

蔵前住宅のblog 蔵前の毎日を除いてみませんか?

最新のチラシ情報

2018.11.19up!!
蔵前最新チラシです。
チラシクリックで拡大します。
  • 最新のチラシ情報(表)
  • 最新のチラシ情報(裏)

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

電話番号:0120-373-968

見学会・各種お見積りはこちら お問い合わせ

アットホーム引越し見積もり

このページの先頭へ戻る

お問い合わせ